建築設計施工・土木工事設計施工・店舗企画設計施工・住宅企画設計施工・改装リフォーム・店舗メンテナンス
 
株式会社 狩野建設
お問合せは 狩野建設営業部まで
TEL.0766-26-7081
営業時間 8:00~17:00(月~土)
HOME 会社案内 事業内容 実績 アクセス お問い合せ
 ホーム > 狩野建設のこだわりの家づくりTOP > 狩野建設の工法・構造・性能
 
 
 耐震性能・耐久性能
万が一のときにも安心の耐震性と長期に渡りお住みいただける耐久性を備えております。
 
 
地盤調査
どんなに優れた建物でも傾いたり、沈下してしまってはどうにもなりません。弊社ではすべての物件でスウェーデン式サウンディング試験等による綿密な地盤調査を行います。
 
地盤改良工事
地盤調査の結果、地盤改良が必要と判断した場合はその地盤に最適な地盤改良工法を選定します。工法は主に「砕石パイル工法」を採用しております。「砕石パイル工法」は、地震で損傷しにくく、液状化現象にも強く、無害(発がん性物質の六価クロムを排出しない)で人と環境にやさしい工法です。また、ご要望に応じて「地盤保証」に加入することができ、万が一の時も保証で家を修復することができます。
 
モノコック工法
狩野建設は柱、梁、土台、筋かい等で造る木造在来軸組工法と面材で造る2×4工法のいいとこ取りをした「モノコック工法」を標準採用しております。地震・台風火災に強く、高い耐震性・耐久性・・耐火性を発揮します。構造強度は最低でも耐震等級2(建築基準法の1.25倍の建物強さ)となるよう構造計算をしております。
 
基礎・構造材
地盤調査結果をもとにその地盤に最適な基礎工法を選定します。弊社では主に「べた基礎」を採用しております。さらに構造の柱材は北陸のような多雪地域に対応するためすべて4寸角柱(120㎜×120㎜)を採用しております。さらにバランス良く耐震壁を配置することで、耐震性能を高めています。
 
防腐防蟻処理
木造の建物で最も恐ろしい被害の一つがシロアリ被害です。弊社では基礎天端から1m部分の構造材には「防腐防蟻処理」を施します。人体に無害の薬品を使用します。業界最長クラスの10年保証付きです。
 
通気層
小屋裏(屋根断熱の場合は垂木間)・床下・外壁下地を通気層とすることで、シロアリやの好む湿った環境を排除するとともに、木の呼吸を促すことで建物の寿命が長くなるよう配慮しております。
 
★構造補強金物
地震時の揺れを軽減する制震ブレースや制震金物を取付け、さらに安全な建物にすることができます。また、より高い耐震性能をお求めの方には最高等級である耐震等級3(建築基準法の1.5倍の建物強さ)にすることもできます。
 
★アップグレードオプション
 ページTOPへ
 
 断熱性能・省エネ性能
高い断熱性能を持つ断熱材を遮熱シートで包み、なおかつ小屋裏・外壁内・床下を通気する「遮熱断熱通気工法」により、高い断熱性と省エネ性を実現し、光熱費を大幅ダウン。
 
 
断熱材(充填断熱工法)
天井、壁、床下に世界最高ランクの断熱性能がある、「フェノール樹脂断熱材」を標準採用しております。断熱等性能等級4(最高等級)となるよう省エネ計算をしております。
 
サッシ・硝子

サッシは、耐候性に優れ、断熱性の高い「樹脂サッシ」を採用しております。また、ガラスは「Low-E複層硝子」※を採用しております。
※Low-E硝子とは硝子面に金属膜をコーティングした硝子のことで赤外線や紫外線を反射させる働きがあります。その金属膜により、夏は強い日差しからの熱を室内へ入れず、冬は暖房効果を外部へ逃がさない効果があります。
 
給湯・給水設備
給湯や給水の水栓や機器類は「節湯・節水タイプ」のものを標準採用しております。
 
LED照明設備
長寿命・省エネの「LED照明」を標準装備としております。電球を取り換える煩わしさからも解放されます。
 
★トリプル硝子 
非常に断熱性の高い高性能硝子です。熱損失の特に大きい開口部を高断熱化することで、高い費用対効果があります。
 
★断熱グレードUP 
付加断熱として、「フェノール樹脂断熱材」の外断熱を加え、外断熱工法と内張断熱工法を合わせた「ダブル断熱」にすることも可能です。
 
★電気自動車充電プラグ
駐車スペースの付近に電気自動車を充電するための充電プラグを設置します。電気自動車をお持ちの方には必須の設備となりますが、将来に向けて設置することもおすすめしております。
 
★太陽光発電パネル 
CO2を出すこともなく、環境にも優しく、経済的、非常時の電力となるなどメリットが大きい太陽光発電パネルを屋根等に設置します。固定電力買取制度を利用すれば、売電収入で、光熱費を実質0円の住宅にすることも可能です。
▶太陽光発電システムについて詳しく見る
 
★HEMS
ホーム・エネルギー・マネジメント・システムの略で、太陽光発電システムの発電量、どこの部屋でどれくらい電気を使っているか、電気代の収支などがモニターで確認でき、毎月目標を設定して家族みんなで省エネに取り組むことができるシステムです。創った電気と使った電気がひと目でわかるので、楽しく節電することができます。また、蓄電池と太陽光発電システムやその他の家電製品と一体的な管理ができるようになり、今後は標準的な装備になってくると思われます。
 
★リチウムイオン蓄電池
日中に発電した電力を貯めることができ、また、いざというときの非常電源となります。
★アップグレードオプション
 ページTOPへ
 
 
 快適性能・空気環境
計画的な換気と空気調和設備により、快適な生活環境を備えております。
 
低ホルムアルデヒド建材
内装材、内部建具その他インテリア建材はすべてホルムアルデヒドなどの有害物質を最も発散しない最高等級「F☆☆☆☆等級」のものを採用し、シックハウス症候群対策が万全です。
 
計画換気(24時間換気システム)
メンテナンスが最も簡単な「非ダクト型3種換気システム」による24時間換気設備を標準採用しております。これにより湿気や汚れた空気を常に屋外へ排出します。また、市販の家具などから発散されるホルムアルデヒドなども排出することができます。さらに自然給気口には給気清浄フィルターがつきますので、花粉や黄砂の侵入を抑えます。
 
空調設備(冷暖房設備)
暖房強化型エアコンをLDKと寝室に標準設置しております。エアコンは電気代が高くなるイメージがあるかもしれませんが、現在ではヒートポンプ技術の向上により最も効率の良い冷暖房機器のひとつとなっております。
 
パッシブ設計
パッシブ設計とは、エアコンや暖房機器などの機械の力(アクティブ)だけに頼らずに光や風などの自然の力(パッシブ)を上手に利用することで、四季を通じて快適な住まいにする設計手法です。
当社では夏の日差しを避け冬に日差しを取り込むため屋根の軒の出は60cm以上とし、居室の窓には庇を取り付けます。また、通風に配慮した位置に窓を設けます。
 
★全熱交換換気システム 
全熱交換換気とは、温度と湿度をある程度保ちながら換気できる装置を使った換気方法です。全熱交換器を採用することで換気で失う熱を低減し、空調機器の負荷の軽減、室内の安定した温度湿度環境を保つことができるため、省エネで健康的な温熱環境が実現できます。また、また空気清浄機能付きのタイプもありますので、花粉や黄砂の侵入も抑制することができます。
 
★全館空調システム 
全館空調とは、家をまるごと1台の空調機で室温をコントロールするシステムで、家の中どこでも一定の温度にすることができます。また、各お部屋のルームエアコンが不要となり、見た目もすっきりし、不快なエアコン風もなくなります。
 
★ヒートポンプ式床暖房
床暖房は空気を乾燥させずに快適な室温にすることができるため、高齢者の方のヒートショックの予防にも有効です。ヒートポンプ式なのでランニングコストも抑えられます。
 
★防音室シアタールーム
御自宅で映画館のように映画を見たい、楽器を弾きたい、カラオケをしたい方のために防音性能が高い部屋の施工にも対応させていただきます。
 
★無垢フローリング
床のフローリングを無垢材にすることで、木の温かみのある家にできます。
無垢材につきましてはお好みがありますので、標準仕様ではお手入れが楽な「複合フローリング」を採用しております。
★・・・アップグレードオプション
 
"ゼロエネ住宅オプション"とは狩野建設が推奨する「ゼロエネルギー住宅」※にするために必要となる場合があるオプションです。ゼロエネ住宅仕様で光熱費0円の住宅を目指します。
※ゼロエネルギー住宅とは、住宅の躯体・設備の省エネ性能の向上、再生可能エネルギーの活用等によって、年間での一次エネルギー消費量が正味(ネット)で概ねゼロとなる住宅のこと。
※ゼロエネ住宅にするためには、これらのオプション以外にもその他諸条件が必要となりますので、詳しくはお問い合わせ下さい。
 
 ページTOPへ
狩野建設の特徴                各種保証制度
 狩野建設のご案内
 ▶会社概要
 ▶組織図
 ▶沿革
 ▶社長挨拶
 ▶採用情報
 プライバシーポリシー
 狩野建設の業務内容
 ▶建築設計施工
 ▶住宅設計施工
 ▶店舗企画設計施工
 ▶土木工事設計施工
 ▶改装リフォーム
 ▶店舗メンテナンス
 店舗メンテナンスについて
 ▶メンテナンス体制
 ▶メンテナンスの流れ
 ▶メンテナンス対応メニュー
 ▶メンテナンス対応エリア
 ▶メンテナンスのご依頼
 ▶メンテナンスクルー募集
 LINK
当ウェブサイトは外部のウェブサイトへのリンクがありますが、リンク先のウェブサイトの内容に関して責任を負うのものではありません。

株式会社 狩野建設
〒933-0983 富山県高岡市守護町1-6-6
電話・FAXでのお問い合わせは
 ▶TEL:0766-26-7081
 ▶FAX:0766-28-3581
メールでのお問い合わせ
 ▶メールお問合せフォーム

 HOME 会社案内 事業内容 実績 アクセス お問い合わせ プライバシーポリシー サイトマップ
Copyright 2010 (c) Kano construction Ltd. All rights reserved.